家庭用脱毛器のシャインエステボーテとは

家庭用脱毛器のシャインエステボーテとは

シャインエステボーテとは、自宅での脱毛を簡単に行うことができる家庭用の脱毛器です。日テレのポシュレなど通販で目にする機会が増え、価格も2万円ほどと非常にリーズナブルで注目度も上がっているのではないでしょうか?

ここではシャインエステボーテの使い方やメリット・デメリット、他の脱毛器との違いなどを簡単に解説していきます♪

シャインエステボーテってどんな脱毛器?

 

出典元:Amazon

・価格 約2万円(税抜19,800円)
・サイズ 230mm×71mm×65mm(シェーバー装着時)
・フラッシュ(光)式
週1施術OK
・自動調節照射システム(照射レベルの自動調整)
・オートオフ機能(過剰照射防止)

注目は何といってもお値段です!家庭用脱毛器の平均相場は5~8万円ほどが一般的。幅で言えば3万円くらいから12万円ほどとなっており、当然安い脱毛器ほど機能はよりシンプルになる傾向にあります。

ところがシャインエステボーテは約2万円と破格のお値段‼また週1ペースで使えたり、お肌の色を感知して照射レベルを自動で調整してくれるなど機能面もまずまずです。

正直(これだけの内容で)家庭用とはいえここまで安くなったのか!という驚きもありますが、やはり実際の脱毛効果や使い心地は非常に気になるところですね。

ここからはシャインエステボーテがどんな脱毛機器なのか、他の家庭用脱毛器と比較もしながら詳しく解説していきます!

シャインエステボーテの脱毛効果

シャインエステボーテの脱毛効果

シャインエステボーテは1か月ほどの使用で多くの方が目に見えて効果を感じているようです。

週1使える脱毛器なので1か月で4回使用することができ、生えていた毛がスルッと抜けたり、生えるスピードが落ちるといった感覚で脱毛効果を実感できます。この点では他の家庭用脱毛器と大きな差はなく、短期間に施術回数をこなせる分若干ですが早い段階で効果を実感できるかな…といったところです。

ただし1つポイントなのは、シャインエステボーテでは出力調整が自動で行われるという点です。

他の一般的な家庭用脱毛器では自分で出力調整するものが多く、お肌に違和感が出るか出ないか(我慢できる程度)のギリギリのラインまで出力を上げて照射することが可能であり、それがまた理想でもあります。

しかし自動調整機能では多くの方が当たり障りない出力(やや抑え気味)となり、効果の実感は早くても脱毛完了まではやや時間がかかると考えておきましょう。

シャインエステボーテの効果実感までの目安

特に購入後10回照射するまでは「超やさしいモード」に固定され、モード変更もできない仕様となっています。腕や脚はともかく、Vラインや脇などのムダ毛の濃い部位は回数を重ねて根気よく脱毛していく必要がありそうです。

また、男性の濃くて太い毛の脱毛はほぼ効果無しだと思ってください。毛の薄い男子であればOKかもしれませんが、特にヒゲ脱毛は他の出力重視の家庭用脱毛器でも難しく、シャインエステボーテでは不可能に等しいと言えます。

シャインエステボーテの機能

シャインエステボーテには以下の機能が備わっています。本体価格が安いので贅沢は言えませんが、性能としては正直今一つです。

・脱毛の機能

① 自動調節照射システム(3つのモード)
② 連続照射
③ オートオフ機能

①自動調節照射システム

シャインエステボーテでは肌色を検知して自動で照射レベルを調整してくれる機能がついています。どの出力に設定したら良いか分からない方や、脱毛初心者さんには有難い機能ですね!また、これは照射レベルが全く調整できないということではなく、「超やさしいモード」「やさしいモード」「通常モード」の3つから選ぶことができ、その上で自動調整されます。※購入後10回照射するまでは「超やさしいモード」に固定されます。

②連続照射

シャインエステボーテは、照射ボタンを押しっぱなしにすることで連続照射が可能となっています。この機能を使えば、お肌の上にハンドピースを滑らせるだけで脱毛することができ、スピードアップして施術を行うことができます。

③ オートオフ機能

シャインエステボーテには「オートオフ機能」がついています。電源を入れて3分間なにも操作しなかった場合は自動的に電源がオフとなります。

また、シャインエステボーテは過剰照射防止のため連続使用時間が10分となっています。ハンドピースと本体が一体型なので、機械熱を冷ますためにも必要なことなのかもしれませんね。

・シェービング機能

出典元:Amazon

シャインエステボーテの特徴の1つが、1台で脱毛器とシェーバーを兼ね備えているという点です。小斜面の反対側にマグネット式でシェーバーが着いているため、準備(剃毛)~脱毛までシャインエステボーテ1台で簡単に終わります。

コスパは良いの?

コスパを決めるのは主に「照射できる回数」と「1度に照射できる面積」の2つがメインになります。

照射可能回数の比較

シャインエステボーテの本体価格は税込み19,800円と、非常にリーズナブル!脱毛可能回数はおよそ32万発となっており、これは他の5~7万円程度で売られている家庭用脱毛器とほぼ同じくらいの脱毛回数となっています。

機種 価格 照射回数
シャインエステボーテ 19,800円 約32万発
ES-WP80 5~7万円 約30万発※Lv5(最大)
2PS(ツーピーエス) 4~5万円 132,000発※Lv4(8段階中)
ケノン 69,800円 30万発※Lv10(最大)
(プレミアムカートリッジ)

※記載の照射レベルで使用した際の照射可能回数です

実際にはお肌の色味などを検知して自動的に出力の調整がされるので、高出力になればやや減ることも考えられますが、ショット数としては十分だと思います。

照射可能面積

注目すべきポイント2つ目は「照射口の面積」です。照射口の面積は広ければ広いほど少ないショットでより多くの範囲を脱毛でき、ショット数も手間も少なく済みます。

※出典元:Amazon

各脱毛機の照射面積

・シャインエステボーテ⇒4.5㎠
・ES-WP80⇒8.3㎠
・2PS(ツーピーエス)⇒6.51㎠
・ケノン⇒4.5~9.25㎠ ※カートリッジ付替えで部位に合わせて変更可

これを見て分かるように、本体価格はリーズナブルなシャインエステボーテですが、他の家庭用脱毛器に比べると照射面が約半分ほどしかない印象ですね。悲しいことに、ケノンの1番小さいカートリッジが、シャインエステボーテの照射面積と同じサイズ…!

同じ30万発でも照射面積が約半分なら脱毛できる範囲も約半分ということが言えます。ただ本体価格も他機種の半分~3分の1くらいなので、めちゃくちゃコスパ悪い、というほどでもないですね。

その他(脱毛器の寿命について)

家庭用脱毛器で不動の人気を誇っているケノン(左)2PS(右)ではカートリッジだけの買い替えが販売されており、本体は1度購入すれば長く使っていくことが可能です。

■専用カートリッジ

※出典元:Amazon

一方シャインエステボーテの場合は寿命がきたら本体自体の買い替え=使い捨てとなってしまいます。

さらに照射出力も自動調整(やや抑えめ)となると脱毛効果の出方も遅くなり、その分照射回数も他機種に比べるとやや多めにかかってしまう(回数を消費してしまう)ことも考えられます。

これらのことから、シャインエステボーテのはやはり値段なりの機種かなという印象があり、特別コスパが良い機種とは言えません。

シャインエステボーテは本体価格が非常に安く、他機種と比べると機能が劣るのは当たり前。でも2万円という価格を考慮すれば気になるところをちょこちょこ(1人で)使う分には検討の余地あり。

ただし周りの人とシェアしたり、できれば広範囲(複数部位)の脱毛をしたい・出力重視したい、と考えるならケノンなど他の人気機種がおすすめ。

ケノンについて詳しく知りたい方はコチラ>>

シャインエステボーテの使いやすさ(施術のスピーディーさ)

結論から言うと、シャインエステボーテは使いやすさの面でもやや他機種に劣ります。

使いにくい脱毛器は1番重要である「脱毛」がなかなかはかどりません;汗。その理由が大きく以下の3つです。

照射面積が小さい

先ほども少し触れましたが、シャインエステボーテの照射面積は他の家庭用脱毛器の平均サイズと比較すると約半分。そのため1つの部位に小さな照射口を何度も当てなければならず、施術が広範囲になればなるほど時間と手間がかかってしまいます。

また1度脱毛した部位に何度も照射してしまうのはお肌への負担となるため、細かく印をつけながら脱毛するなど工夫が必要です。

連続使用時間が10分しかない

シャインエステボーテは連続して使用できる時間が10分しかなく、ポイントの脱毛ならともかく、そうでない場合は脱毛の途中で電源が落ちてしまうというデメリットがあります。

途中で止まってしまうとどこまで脱毛したか分からなくなってしまうこともあるので「脇だけ」「脚だけ」「腕だけ」など早めに一区切りさせておいたり、照射した部位をマークするなど手間がかかります。広範囲の脱毛をしたい方には向かない機種です。

出力が控えめ

シャインエステボーテではお肌の色を検知して自動的に出力設定される仕組み=多くの人に当たり障りない(痛くない)出力に設定されているのだと思いますが、実際にはその人のお肌の水分量や状態、その日の体調、施術する部位によって痛みの出方は変わってきます。

そのため他の一般的な家庭用脱毛器の方が、その日のお肌の状態に合わせて自分で出力を強めたり弱めたりの設定ができ、慣れてくると効率的な脱毛が可能となります。


ということで、主に3点、使い心地の面で微妙だな~と思う部分を挙げてみました!

正直言って結構デメリットも多い脱毛器です。照射回数が…とか、コスパが…の前に使いにくい機種は押入れから出なくなってしまうので注意が必要です。ただしワキやVラインなど狭い範囲の脱毛はお手軽にできると思いますよ。

シャインエステボーテの購入について

シャインエステボーテはAmazonや楽天、ポシュレの通販サイトなどで購入できます。

税込み・税抜き表示になってる場合はありますが、どこで購入しようと値段は変わりません。

ポイントが付くサイトや普段使っている通販サイトなどを活用すると良いですね。支払は代引きやクレジットカードなどが可能です。

総評とまとめ

シャインエステボーテは小さな部位の脱毛にはお手軽に使えて良いと思います。

ただし1か所脱毛を始めると「腕も、脚も、Vラインも…」とムダ毛が気になりだすのもよくあること。ちょっとでもあちこち脱毛したいかも…という気持ちがあるならば、2万円出して買うのはあまりおすすめできません

どうしても他の家庭用脱毛器と比べると、特に人気機種である「ケノン」が優秀で、脱毛効果、性能・コスパ・使いやすさ・シェアのしやすさ・豊富なアタッチメント等々…頭一つ抜き出て機能も使いやすさも充実しています。

シャインエステボーテ ケノン ツーピーエス
本体価格
効果
機能
使いやすさ
総評 ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆

私自身も6年ほどケノン愛用者ですが購入した当初から追加料金はわずかな電気代くらいで、気になる部位の脱毛はおおかた完了しました。今では時々シミ・シワ対策の美肌ケアができる付属の美顔器を使うことが多く、押入れに眠らずに重宝しています♪

サロン等で脱毛することを考えればかなりコストも抑えられますので、気になる方は人気のケノンや、もう少し価格を抑えた2PSといった機種もチェックしてみると良いですよ♪

The following two tabs change content below.

MIKI

美容系サロンが豊富な街、福岡出身の管理人が、皆んなが知りたい脱毛に関する悩みや疑問について様々な情報をお届けしたいと思います。サロンやクリニックに行っても教えてもらえない脱毛のあれこれを、個人の見解も含めつつばんばんお伝えして行こうと思いますので、まずはゆる〜く、是非見ちゃり〜♪